プレゼントのことだなんて思ってなかった

今朝はとても寒かったですよね。

うちの近所だけかもしれませんが…

昨日降った雪がまだそのまま残っていました。

だから、そのせいかな、さらにいっそう寒いような感じでしたよ。

で、そんな寒い中なのに私のためにプレゼントを買いに行ってくれた
そんな友達の話です。

友達が、私へのサプライズプレゼントのために、
さり気なくこんなことを聞いてきたんです。

「ねぁ、ミミーってキャラ好き?嫌いじゃないよね…」

で、聞いたことに対して、私はなんとなく「あんまり好きじゃないなぁ」
と言ってしまっていたらしいんです。

まさか、それがプレゼントのことだなんて思ってなかったので…

そのさり気なく聞かれたミミーというキャラクターのグッズを
もう買ってしまっていたらしく、
それを聞いた私はあとで「あー」と思ってしまいました。

でも、くれたことは嬉しかったんですけどね。

あとは誕生日プレゼントでもくれれば

今日はまだ朝日が登る前から起きています。

起きた時はまだ暗かったので、朝って感じがしなかったんですよね。

やっぱり朝日って大切ですよね。

太陽の光の力の偉大さを改めて感じましたよ。

実は今月は、私の誕生日がある月なんですけどね。

そんな誕生日の月には、メルマガに誕生日を祝ってくれる内容のものが増えます。

私なんかはそれを見て自分の誕生日を思い出してる始末ですが、
あれは嬉しいものなのでしょうか。

機械的に送っていると思ってしまうと、
なんだか興ざめかもですが…

でも、私は祝われるのは悪い気はしませんね。

あとは誕生日プレゼントでもくれれば…。

とかそんな調子のいいこととかも考えています。

けど、誕生日って1年に1回だしそれを祝ってくれる特別な月も
この1か月だけなんですよね。

そう思うと、誕生日ってあと2回くらいあってもいいかなとか…

またまた考えてしまうんですよね。

河井大志